月間/週間占い

【週間占い】嵐のあとに虹かかる号

台風,嵐,乗り越える

こんにちは。占い師の可憐かれんです。

この週末は台風19号が日本全体を駆け抜けて行きました。備えを万全にしても天災の被害に遭うことはあります。皆さまの無事と、被害に遭われた方が少しでも早く日常を取り戻されるよう願っています。
  

週間占いの解説、暦と開運日のお話。今週も行ってみましょう。

【目次】
*今週の占い
*今週の暦(満月〜秋土用へ)
*開運カレンダー(お金の開運日ほか)

今週の占い2019年10月14日~20日

 
まずは先週の振り返りから。
 
「あなたは今”被害者”の立場にいるかもしれません。とても辛いことですが、そんな時だからこそ気付く人の温かさがあります。手を差し伸べてくれる人に甘えてください。自分は一人だという人は、今ある幸せを数えてみましょう。豊かさと繋がっていきましょう」
 

という占いでした。皆さまどんな1週間を過ごされたでしょうか。

今週の占いはこちらです。

【課題】

今週起きる問題は「〇〇すべき」という、固定観念が根本にありそうです。常識やルールは、これまで生きてきた環境によって作られたもの。価値観の違う人は必ずいて、あなたが常識だと思っていることのほとんどは「マイルール」です。

マイルールの少ない人ほど生きるのはラクだし、楽しく日々を送れます。腹が立った時、自分のどんな常識が引き起こした感情なのか?少し立ち止まって考えてみてください。

 
今週の課題をどう乗り切れば良いのでしょうか。

【解決法】

キーワードは「手放す」。

自分が”正しい”と思っていること、価値観や負の感情を思い切って手放してみましょう。

手放すとは、文字通り「物を捨てる」ことのほかに、許し・受け入れるという意味もあります。

断捨離をするなど物を手放すのはそれほど難しいことではありませんが、価値観を手放すって難しいですよね。時間が必要な場合もあるでしょう。

「乗り越えられない課題は与えられない」と言いますよね。あなたならきっとその問題を乗り越えられます。手放すことで空いた場所には、新しく価値のあるものが入ってきます。

まずは簡単な問題から取り組んでみて。勇気を出して、進んでいきましょう。

今週の暦と月

 
本日2019年10月14日は牡羊座の満月。

前回、天秤座の満月は”調和”がテーマでした。牡羊座の満月は「自分の世界」「やりたいことに夢中になる」「リードする」。

”みんなで”から”私は”へと変化していきます。
秋の夜長。自分を深めるために使ってみてはどうでしょう。年末から来年に向けてやり忘れたことはないか。来年からの目標のための準備を始めるのもいいですよ。

また、来週から秋の土用に入ります。土用については来週くわしく解説しますが、土用の最大の特徴は疲れやすさ。土用とは季節の変わり目のことだからです。

気にやっていることやスピード感の必要なことは、今週中に終わらせてしまいましょう!

2019年10月第3週の開運日

14日(月)・・・満月(6:08 牡羊座)

満月パワーはこの後3日ほど続きます。”満たすこと””お肌のお手入れ”の効果大◎。学びも深まりやすいですし、ちょっと良い美容液やトリートメントを使うなら今!

18日(金)・・・鬼宿の日

お祝い事に◎昔から、お祝い事には”鬼のいない日”である鬼宿の日が使われてきました。平日でも構わないなら、七五三のお参りにも最適な日です。

20日(日)・・・寅の日

トラは「千里行って千里戻る」ことから、”お金を使っても戻ってきてくれる”と言われています。口座開設・財布の使い初めに◎

10月全体のテーマは「手放す・繋がる・新たな世界」です。

誰にでも当てはまる占いには限度があります。ぜひ個人鑑定で、自分だけの説明書を手に入れてください。
 

今週、私は人生の節目でずっと鑑定依頼を下さっている方の占いをしてきます。

誰かの人生・ご家族の人生を見つめることができること・依頼をいただけることに感謝の気持ちでいっぱいです。

心を込めて、私が話せるすべてを盛り込んで鑑定に臨みます。

前回の台風を含め、被災後の対応に翻弄されている方もいらっしゃると思います。
お身体を第一に、一歩一歩すすんでくださいね。
もし占いをして欲しいという希望があれば、料金はいつでも構いませんのでご相談ください。

未来を信じて。
今週も笑顔でいきましょう。

▼年内まで1相談3,000円のプチ鑑定有▼

占い,当たる
鑑定メニューこの度は松岡可憐の占い鑑定に興味を持っていただきありがとうございます。 はるか昔から人々の暮らしを支えてきた宿曜星占術をはじめ...
七五三,いつ,2020
2019年七五三お参りカレンダーこんにちは。 明るい未来とつながる!占い師の可憐かれんです 七五三のお祝いは、宿曜星占術による日の吉凶で日にちが決め...