占×ニュース

【占い×ニュース】日産・西川廣人社長の辞任劇をよむ

日産,西川,退任

日産の西川廣人(さいかわひろと)社長の辞任が発表されましたね。

西川社長ご本人の運勢と今回の辞任劇について、鑑定しました。

占いで読むニュース。日産・西川廣人社長

お名前にも誕生日にも「頑固・働き者・リーダー」が出てきます。

独立するより組織の中で活躍するタイプ。手先が器用で技術系の仕事に向いているというのは”まさに”ですね。

安定を求める一方で、「どんどん進みたい・自分の意見を通したい」という強さがあります。大きな企業で社長にまでなる人というのは、こうしが自分の弱点を自覚して克服されています(少なくとも社会的には)。

今回の辞任劇では、日本人取締役は辞任に反対だったのだとニュースで聞きました。コミュニケーション能力も高いですし、能力も高いので、「あの人が言うなら仕方ない」と思わせる説得力があるのでしょう。

また、お名前の中に「強いリーダー性がありながら、心のうちではどこか孤独な雰囲気」が全ての年代で見られます。

金運は弱いです。日産の社長まで勤めた方に言うのはおかしいようですが、金運の良し悪しって、「どれだけお金を稼いだか」より、「そもそもお金に好かれるタイプかどうか」が大きいように感じます。

今回の辞任劇が「株価に連動する報酬で不正な金額を受け取っていた」とお金が絡んでいるのも、お金との縁の薄さ(悪運の強さ)が関係しているかもしれません。

人からは裕福に見えても、金運がない人はいます。例えば私に「あなたには金運がありませんよ」と言われた時、「何言ってんだ!俺の生涯年収を知ってるのか」「お前なんかに言われなくない」と言ってしまうのは簡単です。

けれど一度立ち止まって、「確かにお金に愛されてお金の方から寄ってきたかといえば、、」「そうか自分は金運はないのに、ここまで頑張って稼いできたのか」と受け入れる。その上で、もう少しお金と安定的に付き合いたいぞと思う所から、開運って始まるんじゃないかと、私は思います。

西川社長の話に戻りましょう。運勢で言うと、太陽の転機に「8歳と38歳」。月の転機にも8歳が出てくるので、この頃何かあったのでしょうね。良い転機のようです。

宿曜では35歳前後で大きな転機を迎え、太陽の転機38歳で「新しい環境に移っていく」と出ています。

wikiペディキュアで略歴を拝見したんですが、役員に名を連ね始めた2001年から数年は、時期があまり良くないというか、、ご苦労が推察されます。職場だけでなく、ご家庭でも大変だったでしょう。姓名判断の心の満足度を図る場所でも、決して調子は悪くないのに、本音を打ち明ける場所がどこにも無い寂しさを感じます。

2013年ごろから、どんどん運勢が上向いていかれます。
実は今現在も、それほど悪いところにはいません。あえて言うなら、月単位の運勢では「パートナーとの関係に難あり」の要素があります。

しかし、以前堀江貴文さんのライブドア騒動を鑑定した時に感じたんですが、社長さんの退任は、本人側はそれほど大きな問題要素を持っていなくても、ご本人のとても身近な人=その人のトラブルで実質的に打撃を受ける人、数人が「トラブル」のタイミングにいることがあります

最新のニュースによると、社内の日本人は解任に反対意見が多く、外国人や社外取締役の意見が多数で可決されたとか。一緒に働く仲間というより、パートナー関係にある人との破れ(やぶれ)ですね。情報のリークにも関係しているかな。

今回の西川社長の辞任劇。電子版の朝日新聞には

日産社内では当初、西川氏に辞任を求めずに早期の幕引きを図る考えもあったが、最近の業績低迷を受けて西川氏の社内での求心力が低下しているところに自身の不正が発覚。社内外から責任を問う声が日に日に高まっていた。

と書かれていました。

社長になるくらい人ですから、オブラートに包まれているでしょうが、西川社長の「能力は高いけれどパートナーシップに弱い」「金運の弱さ」が出たのか。金運が弱くて人から見られている立場の人は、お金に関しては”誰に突っ込まれても潔白”が一番かも知れません。

西川社長。しばらくは忙しそうですが、2023年は7月くらいまではワイワイと単純に楽しい時期がやってきます。

他にも思う事はありますが、公の場所なので。当たってる・自信があるからこそ書かない事もあります。たくさん仕事を頑張ってこられたのでゆっくりして欲しいです。すぐには休めないでしょう。