月間/週間占い

2011年12月の占い〜革命は静かにはじまっている号

こんにちは。
占い師の松岡 可憐まつおか かれんです。
 
  
いよいよ師走ですね。
今年はあなたにとって、どんな1年だったでしょう。そして来年はどんな年にしていきたいでしょう?
 
 
毎年あっという間に過ぎてしまう12月。こうして占いを見たタイミングで、ほんの少し振り返る時間・自分だけの時間を作ってもらえたらと思います。
 
  
今月も
★月の動き
★月間カードリーディング
★週間カードリーディング
の順番に書いていきます。
 
  
※普段は占星術や易を中心とした個人鑑定をしていますが、世の中全体に向けて月1回・月の動きをお伝えしながらカードリーディングをしています。すべての人に当てはまる占いはありません。ぜひ個人鑑定も聞きにいらして下さい♫(オンライン割引継続中!)。

<もくじ>
*12月の月の動きとテーマ
*2021年12月の月間占い
*週間占い12/6〜12(日)
 

<12月の月の動きとテーマ>

月占い,宿曜占星術
 

  • 11/19(17:58)〜おうし座の満月「穏やかに強く・好きに没頭」
  • 12/04(16:44)〜いて座の新月「目標に向かって一直線」
  • 12/19(13:36〜)〜ふたご座の満月「コミュニケーション・わくわく」

 
  
11月の後半は「楽しく過ごせたな」と感じている人が多いのではないでしょうか。
 

下半期の占いの中で、11月12月は「一番動きが活発で・明るい運気を持っている」とお伝えしました。
 
 
月の影響で考えると、11月以降、コロナによる制限が落ち着いたことで、仕事でもプライベートでも明るい展望が描けるようになってきた。忙しいけれども、充足感も出てきたのでは?
 
 
12/4から「いて座の新月」に入ることで、忙しさはさらに加速します。いて座は、よく言えば”目標に向かって一直線”ですが、同時に余裕がなくなる・待てない星でもあります。この後出てくる12月のカードを見ても、自然に任せていると、自分を犠牲にして頑張り過ぎてしまい、疲れ果ててしまう心配も。
 
 
12/19のふたご座の満月以降は”楽しい”時期になるので、
  

「来年の目標を立てる」「コレだけは今年中に終わらせたい」など、スピード感が大事だったり、自分と向き合うような事柄は前半に終わらせてしまいましょう。
   

大掃除も、年末より前半の方が細かいところまで頑張るかも(笑)
 
  

2021年12月の月間占い

2021年,12月,占い,無料

12月を表すカードは
 
  
「無価値感」
 
  
自己評価が低かったり、自分の貢献度を低く見積もっているため、“自分にも価値がある”と証明したくて、自分を犠牲にして頑張ってしまいます。
 
 
解決のカードは「愛」
 
 
あなたは愛されている。
 
  
それを思い出して。
 
 
人からの愛、自然からの愛、神様からの愛……
 
 
私は特定の信仰はないのと、人からの愛を信じるには心が開ききれてない所があるので(本当はもう1歩踏み出すと良いんですけど。人を信じずに大人になってしまうと、人を信じるのはとても怖いことなんですよね。なので、それはゆっくりで良いことにしています)
 
 
愛のカードが出た時はよく自然からの愛を振り返ります。
 
 
暖かい太陽が降り注ぐこと。
恵みの雨が降ること。
夜は月が優しく照らしてくれること。
大地から食べ物をいただくこと。
屋根のある場所で暮らしていること。
好きな仕事に巡り合い、それを仕事にできていること。
 
 
私たちには生きている意味・生かされている意味が必ずあって、どんなあなたでも大切な存在であること。社会の中に、あなたを活かせる場所がある事を忘れずに。
 
 
自分を犠牲にして成し遂げるのではなく、頑張りたい事・引き受けるべき役割は、腹を決めてやり通す。体力には限界があるので、優先順位をつけて。何でも理想通りにはいきません。
12月前半は特に頑張り過ぎる傾向があるので、疲れ果ててしまう前に、予防や早めの回復策をとりましょう。
 
 
「いま自分のしていることに意味があるんだろうか…」と漠然とした不安が起きる人もいるかも知れません。
例えばですが、コロナによる規制が緩和されてパワフルに動いてはいるけれど、第6波が来たらまた元に戻ってしまうのでは・・・と考えてしまうのは当然ですよね。
 
  
あなたが今取り組んでいる事の、
  
「初心はどんな気持ちであったか」
「数年後にどんな未来が訪れて欲しいか」
「今できることを一つずつ積み上げることで、明るい未来につながっていくこと」
 
  
ひとつずつかみしめて、今日の1歩を踏み出していきましょう。
 
  
先月も書きましたが、11月12月は「助け合って伸びていく」時。
 
   
「早く行きたければ一人で進め。 遠くまで行きたければみんなで進め」
 
 
後半は特に、人と歩調を合わせることが大事になってきます。
 
  
お次は週間リーディング。
それぞれの週で悩みや問題が起きたら、
 
  
背景にこんな問題が潜んでいるかも?
こんな視点を持つと解決できそう!

 
  
というアドバイスを載せています。
  

2021年12月の週間占い 6(月)〜12(日)

2021,占い,可憐堂

5日(日)までは、11月最後の週に出した「元気がもらえる場所に身を置こう」を意識して下さい(facebookページとtwitterのみの投稿でしたね)。
 
  
6日〜のテーマは「試練」
 
  
12月は、後半に行くほど明るくなっていきます。一番迷いや悩みが多いのが12日まで。
 
  
そして、この時期訪れる試練は”飛躍へのチャンス”です。
 
  
解決のカードは
 
  
「つながり」
 
  
まず、今起きている分断を終わらせること。
 
  
場合によっては、直接は連絡を取れない・いま相手に愛を伝える勇気までは無いこともあるでしょう。その場合でも「イメージの中で繋がってみる・手を取り和解してみる」こと。
 
  
もちろん、ほんの少しの勇気で相手とつながれる場合は勇気を出してみて!仮面夫婦が数年続いているけれど同居している、なんて場合は、勇気を出すグループですからね。
 
  
大丈夫、あなたなら出来ます!
 
それでは良い1週間を🍀
  
  
次回の占いもお楽しみに〜
  
更新 12.2

松岡可憐
 
  
個人鑑定はあなただけに当てはまる運勢
生年月日から導く、今あなたが知るべきあなた自身と未来についてお伝えします。
 
   

松岡可憐, 宿曜,占い
鑑定依頼・お問い合わせ松岡可憐の占いサイトに興味を持っていただき、ありがとうございます。 鑑定依頼やご質問は、ページ下の問合せフォームよりお願い致します。 ...

 
  

2021年下半期の占い2021年下半期の占いを掲載します。 通常の鑑定では誕生日を使った宿曜星占術を中心に、必要に応じて様々な占いをしますが、 ...