月間/週間占い

7月の占い②〜2020年7月の開運カレンダー

開運カレンダー,2020年,7月

こんにちは。
占い師の松岡可憐かれんです。
  

7月の開運カレンダーを作成しました。

  
世の中全体の流れと、あなた個人に流れている運勢は違います。
詳しくは個人鑑定で、あなただけの羅針盤を手に入れてください。
  

2020年7月の開運カレンダー

2020,開運カレンダー,占い

▼解説▼

一粒万倍日:(いちりゅうまんばいび)
一粒の籾(もみ)を蒔けば、万倍の稲穂になり実ることから、スタートやお金に関することに◎ 増えて困ること(借金)はこの日は避けましょう。
  
天赦日:(てんしゃび)
天の恩恵が降りそそぐ、最上の大吉日。この日に始めたことは何の障害も起きない、と言われている。おめでたいこと、挑戦、研究の発表にも良いでしょう。
  
寅の日:(とらのひ)
トラは「千里行って千里戻る」ことから、”お金を使っても戻ってきてくれる”と言われています。口座開設・財布の使い初めに◎
  
巳の日:(みのひ)
芸術・財運を司る『弁財天』と縁があるとされる「金運・財運」に縁起の良い日。
銀行口座の開設やお財布の購入・使い始めに良い日。
  
鬼宿の日:(きしゅくのひ)
宿曜星占術で使われる吉日の一つ。鬼宿(きしゅく)の日は街に”鬼が居ない日”。鬼の居ぬ間に済ませたい事。スタートや祝い事は特に吉◎(婚礼を除く)

七五三が旧暦・11月15日に執り行われていたのは「農作物の収穫が終わったあと最初の鬼宿の日だから」とも言われています(諸説あり)。七五三など子供のお祝いごとに特にオススメ。
  
不成就日:(ふじょうじゅび)
何をやっても上手くいかない日。大切なスタートの日には避けたい。勉強や人のために尽くす日にしてはどうでしょう。

夏土用:7/21〜8/6

土用とは季節の変わり目の16日間のこと。「夏の土用の丑の日に鰻を食べる」のは有名ですが、四季ごとに春土用・夏土用・秋土用・冬土用があり、その中でも「夏は丑の日に”う”の付くものを食べると良い」とされています(うなぎ/うどん/梅干し他)。

土用期間中は、旅行や引越しなど土の移動・土いじりは避けたほうが良いとされます。必要な時は土用の間日(まび)と言われる、禁止事項の及ばない日に済ませましょう。季節の変わり目で体調を崩しやすい時期です。無理せず、疲れたら早めに休むようにしましょう。
 

  
(6月28日〜 上弦の月 7/5の満月に向かって”インプット”を大切に)
7月1日(水)一粒万倍日+巳の日 
7月2日(木)一粒万倍日 勢いのある1日でスタートに◎
7月3日(金)不成就日
7月5日(日)やぎ座の満月(13:44〜「最上を求めてがむしゃらに進む」)

7月7日(火)小夏(季節の節目のひとつ。暑さが増してくる。)
7月10日(金)寅の日
7月11日(土)不成就日
  
7月13日(月)巳の日下弦の月(08:29〜 新月に向かって”アウトプット・デトックス”を意識して)
7月14日(火)一粒万倍日 ただし、棟上げなど住居に関するスタートは避けよう
7月15日(水)大安+建の日で勢いのある1日 スタートに◎
7月16日(木)夏の土用入り(14:13〜)・不成就日
7月17日(金)一粒万倍日
  
7月21日(火)かに座の新月(02:33〜「育てる・包みこむ愛情」)・「土用の丑の日」(今年はもう1日、8/2も土用の丑の日)・「鬼宿の日」 子供の七五三関連や結婚以外のお祝い事◎
  
7月22日(水)大夏(季節の節目のひとつ。暑さが増して酷暑となる)
7月23日(木)土用の間日(土いじり・旅行OK)
7月24日(金)納の日 車の納車に◎・土用の間日(土いじり・旅行OK)
7月25日(土)己巳の日 お金に関する良い日とされるが、この日からスタートさせると”お金を使う”傾向があるので、財布の購入など注意。お金の動きを良くしたいなら◎

7月26日(日)一粒万倍日 不成就日 他にもマイナスエネルギーが集まっている。静かに過ごそう。  
7月27日(月)上弦の月(21:33〜 満月に向かって”インプット”を大切に)
7月28日(火)土用の間日(土いじり・旅行OK)
7月29日(水)一粒万倍日
 

世の中全ての人に当てはまる開運日はありません。
  

ここに挙げた開運日の中にも、あなた個人にとっては不成就日となる日があります。あなただけに当てはまる開運日もあります。
  
  
本当に大切な吉日選びは、ぜひ個人鑑定にてご相談ください。

2020年,7月,占い,松岡可憐
7月の占い①〜希望行きの列車に乗ろうこんにちは。 占い師の松岡 可憐まつおか かれんです。       7月のカードリーディングをしました。    下半期の...